「ほっ」と。キャンペーン

emiyaism PHOTO

<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

空色の手紙

c0118394_2282890.jpg

休日返上で引っ越しの準備に追われる私に、一通の手紙が届いた。
親友からの手紙。

手を休めて封を開いた。

そこには、ここ少しの間に彼女に起こった出来事、そこから得た大切な気づき、
そして、私への深い思いやりに満ちた言葉が、
4枚の便箋いっぱいに綴られていた。

読んでいるうちに、みるみる涙が溢れてきて、私は声をあげて泣いた。
切なく、あたたかく、やさしく、力強く、
彼女の言葉は光に満ちて、私の心にしみてきた。
張り詰めていた私の心がゆるんで、泣いた、泣いた、泣いた。

「恵美ちゃんの心が行きたい場所に進めばいいよ!
 風が吹くまま、心の赴くままに…」

近くで過ごした時間はそう長くなかったけれど、
たくさん、たくさん、一緒に泣いて笑った私達。
語らずとも宇宙いっぱいの想いが伝わり合うような彼女の言葉は、
愛そのものだった。

彼女は時々手紙をくれる。
メールでなんでも済ましてしまうこのご時世に、
忙しい中、一文字、一文字、言葉を綴る。
それを受け取るのがどれほどうれしいことか、彼女は知っているかしら?

彼女を思うと涙がにじんでくる。
悲しい涙じゃなく、あったかい涙。
特に、ここ最近、戦いと忍耐みたいな毎日の中、
奥の方にしまっておかなければやっていけない大切なやわらかい部分が、
彼女を思う時、安心して顔を出してしまうのだ。

彼女の好きな色、水色の便箋に並んだ彼女らしい文字が私を包む。
空色の手紙。
親友からの手紙。

ありがとう。
心からありがとう。
あなたに出会えて私は幸せ。
[PR]
by emiya_xxx | 2009-10-29 22:05 | こころ

ともだち

c0118394_2353847.jpg

私は決して社交的な方ではない。
どちらかと言うと、家にいるのが好きで、家族といるのが好き。
プライベートで人に会うことって、そうそうない。
あるとしたら、本当に気心の知れた人と、たまに、って感じ。

彼女は、そんなともだちが少ない私の貴重なともだちのひとり(笑)
そして、同じクリエイターを目指す仲間。

この写真をアップすることをオッケーしてくれて本当にありがとう。
私はこの写真が大好きなんだ。
もちろん、被写体の誰かさんもね。
abuも誰かさんが大好きなのよ。
また、あそぼ。
短くした髪、すごく似合ってたよ。
[PR]
by emiya_xxx | 2009-10-25 23:39 | つぶやき

おねむ

c0118394_21441784.jpg

よー寝とりまんなー。
シャッター音にも気づかないんだから。
おつかれー。

最近、ほんっとに写真撮ってない。
撮りたいなー。
大好きなカメラ持つ気力も失せるほど憔悴してる自分にふと気づく。
心が望む方へ自分を連れてってあげよう。
そして、また、いっぱい写真撮ろう。
したいことしよう。
なっ。
[PR]
by emiya_xxx | 2009-10-18 21:49 | つぶやき

でこぼこくねくね道

c0118394_1274517.jpg

ふたりの人生はでこぼこでくねくねだったんだろうね。
でも、そこを通ったからこそある今が、ふたりをとても美しくしている。
生きるということがどんなことかということを、
見せてくれたね、お父さん、お母さん。

私もでこぼこでくねくねな人生の中でつかんだことがいっぱいだよ。
今もそんな道を歩きながら、大切なことを拾い上げてるよ。
これからも頑張ろうと思うよ。
[PR]
by emiya_xxx | 2009-10-15 01:35 | こころ

new 「ema」

c0118394_23473991.jpg

abuと私の写真のホームページ「ema」がリニューアルしました。

最近、abu はモトクロスのレースの撮影も始めて、
今までと違う流れもあるので、心機一転、新しくしました。
郵便局離脱の悲願も込めて(笑)

よかったらのぞいてやってくださいねーっ。
  ↓
ema

この猫は近所の神社でごろごろしていた猫です。
関係ないけど、abu は猫アレルギーです。
[PR]
by emiya_xxx | 2009-10-13 00:23 | 知らせたい!

決して消えないもの、消せないもの

c0118394_21385487.jpg

決して消えないもの、消せないものは、
真っ暗闇の中くっきりと浮かび上がる白い花のように、
いつまでも私の中に咲き続ける。

決して消えないもの、消せないものは、
子供の頃に描いた夢のように、
ワクワクと心が騒いで胸がときめく。

大人になっても、追いかけていいでしょう?
そんなものを。
決して消えないもの、消せないもの、
人はそれを夢とか願いとか憧れと呼ぶのかしら。

子供の頃、本当は魔法なんてないんだよ、って教えられても、
心のどこかで魔法を信じていたように、
今も信じてるんだ、人生に想像できない突拍子もないことが起こる、そんな魔法を。
そんな突拍子もないことに導かれて、今ここにいるんだもの。

ひとしきり泣いた後の心は凛と澄んで、もうこわいものはなくなったから、
また歩き出そうと思うよ。

自分のそばに、大切な人達と、
自分達の決して消えないもの、消せないものがあれば、
それでいい。
[PR]
by emiya_xxx | 2009-10-05 22:44 | こころ

letter from me to me

c0118394_23541368.jpg

アタシ ナンドデモ タチアガル
ドンナ カナシミ ヤ シツボウ ノ ソコカラ デモ タチアガル

ダッテ イキテイル カラ
イキテ イタイ カラ

クルシイ トキ ハ
ドンゾコ マデ オチル
ハイアガレナイ ホド ウチノメサレル
キボウ ノ カケラ サエ ミエナイ

デモ
ナゲキ ツカレタラ アタラシイ ケシキ ガ ミエル

アタシ マケナイ

[PR]
by emiya_xxx | 2009-10-03 00:07 | こころ