「ほっ」と。キャンペーン

emiyaism PHOTO

<   2009年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

曖昧

c0118394_22284690.jpg

つらい時ってどうしたらいいのかわからないことがよくある。

でも、そういう時って、いくら考えてもわからないし、
わからないことでよけいつらくなったりするし、
そんな時は曖昧なままでいいのかなって、思う。

曖昧なまま流れていくだけでも、見えてくるものってある。
そして、曖昧なままで流れていくためには、
今自分がつらいってことを受け入れることが必要だったりする。
だから何ってんじゃなく、ああ、今自分はつらいなぁって。
実はそれこそがいちばん勇気がいる作業なのかもしれない。
痛みをまっすぐに受け止めるしかないから。

そして、そうすることで、初めて、痛みを抱えたありのままの自分で、
曖昧な中、ただ、流れていけるような気がする。

痛みから逃げるのは実は簡単で、感じないようにしたり、ごまかしたり、
それは、きっと、私達が遠い昔から無意識のうちにしてきたこと。
私達はつらさを感じないようにするための代替行為をいっぱい知っている。

つらさと一緒に流れていけたら、
たとえ、時に、すさんでしまっても、自暴自棄になってしまっても、
それでも、必ず辿り着く場所があるんだと思う。

だから、曖昧な時は曖昧でいようと思うんだ。
もやもやっと、ぽわぁんと、ぐじゅぐじゅと。
[PR]
by emiya_xxx | 2009-05-29 23:12 | こころ

a lost child

c0118394_23251296.jpg

何度も道を見失って、そして、また行くべき道を見つけ出してきたから、
迷子になっても、きっと大丈夫だとわかっているけれど、
心が厚い雲に覆われて何も見えない時は、やっぱり下を向いていたくなる。
私は、言葉を話さぬ深くやさしい森の中で、
うずくまってかろうじて祈りながら、道が見えてくるのを待つ迷子。


Texture by Jo Sand-Mann. Thanks, Jo!
[PR]
by emiya_xxx | 2009-05-28 23:30 | こころ

BODY

c0118394_23243653.jpg

[PR]
by emiya_xxx | 2009-05-27 23:42 | シャシン

危険なそば屋 reloaded

c0118394_2225439.jpg

このブログでも取り上げてきた、危険なそば屋こと「蕎麦処・梶の葉」が、
5月24日をもって閉店となった。

そのことを知ったのが先々週、
その時は、もうあのおいしいそばが二度と食べられないなんて…と
突然のショッキングなニュースに悲しくなったんだけど…


まだがっかりするのは早い、
危険なそば屋ファンのみなさん!



成田のこの店舗こそ閉店になったものの、
実は「梶の葉」がなくなってしまったのではなく、移転なのだ。

この味のある店舗で営業して1年半、
店主のおにーさんは、腰を据えてそば屋をやっていこうと決意し、
茨城県の阿見町に、新しく「梶の葉」をオープンすることにしたそうだ。

  あああ、よかったよぅ、なくなっちゃうんじゃなくて 。゚(゚´Д`゚)゚。
  もしも「梶の葉」がなくなったら、
  オイラ一体これからどこでそばを食べればいいんだ!?
  どこかで食べたとしても、あの味を越えるそばなんてあり得ない。
  芸能人もよく来るという有名なそば屋でも食べたけど、
  やっぱり「梶の葉」の方がおいしいと思ったもの、私はーっ。

進化した危険なそば屋ののれんをくぐれるのは、今年の9月頃の予定だとか。
縁あって出会った物件におにーさんが自分で手を加え、
ゆっくり店作りをしてからのオープンになるのだそう。

内心、うぅ、待ち切れねーよ!と思うんだけど、そこはグッとガマン。

しばらくあのおそばを食べられなくなるということで、
私達家族は早速「梶の葉」に行ってきた。
2週連続で行っちゃったもんね (  ̄∇ ̄)

c0118394_22251738.jpg

あいかわらずの味を堪能し、そば湯で割ったつゆをお茶代わりに飲みつつ、
おにーさんの考えていること、そばや店、将来への想い、色々な話を聞いてきた。
若いながらも職人気質に満ちたおにーさんと、同じく職人気質のabu、
ふたりの会話は続いた。

この手作りのお店だからこそ学んだこと、また、お客様から学んだこと、
たくさん、たくさん、おにーさんの中には積み重なったものがあったようだ。
それを布石として、また歩き出すそば職人。

成田のこのお店、初めて入った時のこと、まだよく覚えてる。
素敵な裏切りの連続、時に笑いアリ、とにかくものすごいインパクトだった。
あれからもう1年が経つんだなぁ。
そして、すっかり「梶の葉」のトリコになって通ったっけ。

そんなこんな、色々なことが、
危険なそば屋こと「梶の葉」の過去記事に詳しく書いてあるので、
よかったら読んでみてね。
 危険なそば屋
 危険なそば屋 2
 危険なそば屋 3

このブログを見て、危険なそば屋「蕎麦処・梶の葉」を知り、
行くようになったといううれしい話もちょこちょこ聞いた。

私達は、この店舗では最後ということで、実はこの日、
メニューにはない「うどん」を打ってもらった。
危険なそば屋が作る手打ちうどん、これまたおいしい!
私はうどん通じゃないのでうんちくはわからないけど、
つるんとしてて、半透明で、コシがあって、すっごくおいしいの .。゚+.
大盛りのそばと、大盛りのうどん、みんな食べちったよ(爆)
だって、入っちゃうんだもーん。

この「うどん」、新店舗のメニューに加わるのか聞いてみたら、
そばよりもうんと手間がかかるので、通常のメニューに入れると言うよりは、
たまに出す日を作ろうかと考えているとのこと。
機会があったらうどんも味わってみてね。

そして、やっぱり、私はそば。
「梶の葉」のそば。
この最後の日は、そばをとことん味わいたくて、もりそばにしたんだ。
しばらく食べられないのがホント寂しいけど、
9月のリニューアルオープンを楽しみにすることにしようっと。

リニューアルオープンの際は、もちろんこのブログで紹介します!
進化する危険なそば屋、ますます目が離せない(笑)



追記:
その後リニューアルオープンした梶の葉の記事
帰って来た危険なそば屋」もどうぞ♪
[PR]
by emiya_xxx | 2009-05-25 23:39 | 知らせたい!

tobacco addict

c0118394_064714.jpg

もくもくと 
煙吐き出し 
憂さも吐く
いつも並んで 
窓辺でぷかぷか

字余り
[PR]
by emiya_xxx | 2009-05-23 00:34 | シャシン

no reason

c0118394_1733618.jpg

大切な想いに理由などない。
[PR]
by emiya_xxx | 2009-05-20 18:25 | こころ

beautiful holiday

c0118394_201529100.jpg

フィルムを現像してみたら、abuとアンナの写真ばかりで、
自分の写真があまりないのです。
私ももっと撮って〜、家族スナップに写りたい〜 。゚(゚´Д`゚)゚。

でも、楽しかった。
お弁当持って出かけた休日。

気負いなく撮るスナップも楽しくていい。
普段は現像だけするんだけど、このフィルムは珍しくプリントまでした。
記憶を記録という形にして残したかったから。

c0118394_211186.jpg

[PR]
by emiya_xxx | 2009-05-16 20:24 | かぞく

雨の季節

c0118394_20294973.jpg

私はあんまり雨が好きじゃない。
じとじとして、洗濯物が乾かなくて、
大好きな青空が見えないし、外に元気に飛び出すような気分になれないし。

でも、今日の夕方、雨が降り出した時、窓を開けてみたら、
涼しい風が吹いてきて、アスファルトを叩く雨のぱらぱらという音がした。
なんだかとっても気持ちが落ち着く音。
雨も結構いいじゃない、そう思った。

晴れの日には、晴れの日の素敵なことがある。
雨の日には、雨の日の素敵なことがある。

そうだよね。

それに、雨の季節には大好きな紫色の花が咲く。
お散歩写真していたこの日は、雨を待つそんな花のつぼみに出会った。
今年は、もうすぐやってくる雨の季節を楽しもうかな。
[PR]
by emiya_xxx | 2009-05-13 20:45 | つぶやき

that's the way you live

c0118394_1395238.jpg

好きに生きちゃってちょうだい。
それを見てるのがいいんだ。
[PR]
by emiya_xxx | 2009-05-10 01:43 | シャシン

365 days story

c0118394_22524118.jpg

晴れた日も、曇りの日も、雨の日も、穏やかな日も、風がびゅうびゅう吹く日も、
お弁当のおかずがビンボーくさくなってしまう日も、お部屋のお掃除ができない日も、
笑顔いっぱいの日も、涙ほろほろの日も、おへそが曲がった日も、
素直になれない日も、気持ちを言葉にできなくてよそよそしくなってしまう日も、
色々あってうまく生きられない日も、沈んだ顔をしてしまう日も、
人生のどんな日も、どうぞ、よろしくね。
[PR]
by emiya_xxx | 2009-05-05 23:45 | かぞく