emiyaism PHOTO

<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

罪なパン屋

c0118394_2347938.jpg

ここに引っ越して来てから1年ちょっと。

自分の住んでいる場所以外、
どこに何があるのかさっぱりわからなかった頃、
いちばん初めに見つけたのは、近くのスーパーと、
そして、その駐車場から見えるパン屋さんの看板だった。

パン好な私はその看板を見て、ふらふらぁっとパン屋さんに足を運んだ。
こじんまりとして洒落たたたずまい、近所にこんなパン屋さんがあるんだと感激。

初めてのお店で緊張しつつ、ひとまずいくつか買って帰った。
家に帰って食べてみると…

お、お、おいしい…( ´∀`).*:.。.:*・゚

それ以来、私達家族はそのパン屋さんのファンになった。

パン屋さんの奥さんはとてもきさくで、
でも、気遣いや心配りをする方なのが伝わってくる。
何もわからない私に、病院だのお店だの親切に色々教えてくれた。
それでどれだけ助かったか。
もちろん、パンのこともとても詳しく、色々なことを教えてくれる。

そのお店では「パンを買う」のが楽しみでもある。
まず、目でおいしいし、いい匂いでもおいしい。
そして何より、店長さんは「職人」の匂いがする。
パン屋と言うより、パン職人、その心意気でおいしい。
食べれば口の中でおいしい。

材料から何から何まで徹底的にこだわっているのが伝わってくる。
「なんだ、このパン?」って思うようなその辺じゃ見たことないパンも売ってる。
どこの国のパンで、どんなものに合うとか、どうやって食べるとか、
よく説明してもらうんだけど、覚えてまへん(爆)
覚えているのは食べておいしかったってことね (´ー`)y-~~ マ、トニカクオイシイッテコト

c0118394_23473387.jpg

スコーンもふんっとにおいしい。
(このブログの写真は、お願いしてお店で撮らせてもらったもの)

abuと感激しているのは、コッペパンがおいしいってこと。
何もはさんでないプレーンなそのコッペパンがんまいんだー!!!
香ばしくて、ほんのり塩味がするのに、噛むほどに甘くて、バターの香りがして、
こんなおいしいコッペパンに何かをはさむなんてもったいない!ってほどおいしい。

コッペパンやバゲットみたいなシンプルなパンがおいしってことは、
みんなおいしいってことじゃないかと(そういうものこそ奥深いだろうし)。
それもパン職人の心意気と熟練の技なんだろうなぁ。

ダイエット中だろうが、節約中だろうが、
あのおいしさを思い出す時、自制心が崩れ去ってしまう。
なんて罪なパン屋。

去年の我が家のクリスマスは、ケーキじゃなく、
そのパン屋さんで買った「シュトレン」。
ドイツではクリスマスにケーキではなく
そのシュトレンを食べるというほどポピュラーなものなんだって。
これがまたおいしいんだよ、もぉうぉうぉ… (;´Д`)
あまりのおいしさに、年末年始用に追加で買ったほど。

我が家では、イベントにワクワクするみたいに、
「あそこのパンが食べたい」「クレッセントに行きたい」と盛り上がる。
そう、そのパン屋さんは「cressent(クレッセント)」という名前。
お母さん、お腹減ったーっ!って家に帰るみたいに、パンを買いに行きたいお店。
とってもおいしくて、とってもあったかいお店。

ウェブでこんなレビューも発見。

あ、ウェブでもパンが買えるんだよ、ここ
あくまで私達の好みということではあるんだけど、個人的にオススメです。
お店のHPもあったんだけど、トラブルがあってデータが消滅したらしく、
今店長さんが復旧作業に当たっているそうだ。
一応復旧作業中のサイトもこの下でご案内しておきます。

「pain atelier cressent(パン・アトリエ クレッセント)」
  茨城県竜ヶ崎市松ヶ丘1−19−3
  月曜定休
  HPはここ
  地図はここ


大好きなお店、大好きな場所、
そんなものが毎日を豊かにしてくれるんだなって、
クレッセントでパンを買ってて思う。

遠くから車でわざわざ買いにくる人もいるみたい。
チャレンジャーなら遠くてもぜひ買いに行ってみてくだされ。

ちなみに、店長さんは私達のブログを読んでくださったそうで、
危険なそば屋」に行ってみたいそうだ。
いいなぁ、「罪なパン屋」が「危険なそば屋」に行くなんて!


[PR]
by emiya_xxx | 2008-10-19 02:07 | 知らせたい!