emiyaism PHOTO

<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

危険なそば屋

c0118394_8303468.jpg

車で走っていたら、目に飛び込んできた「そば」のでっかい文字。
どう見ても手書き。
しかもその店は以前しょぼいカレー屋だったところ。
決してオサレではない。
なんじゃこれは!?と思いながらそのそば屋の前を通過した。
手書きの「そば」の文字が脳裏に焼き付いて離れない。
あまりにインパクト大なのだ。
「そば屋だ」というより「あれはなんなんだ!?」という感覚。

何度かその前を通ったけど、通る度に気になって仕方ない。

そして、ある日、一度通り過ぎたのに、途中で引き返して、
このそば屋に入ってみることにした、おそば大好きだし。
このそば屋がいったいどんなそばを食べさせてくれるのか興味津々。
だって、上の写真のいちばん右の窓が店とは別な小部屋になってて、
そこでそば打ってるのが見えるんだよ。
車で通った時にそれを何度か見てたので、ここは手打ちなんだなって思って。
余計にそそられるだすよ。

c0118394_8304163.jpg

国道408号線からの入り口はこんなふうになってます。
「営業中」「手打ちそば」「P」みんな手書き。
しかも、字うまくない(爆)

車を停めて近づいてみると、のれんも手作りじゃないか。
しかも、紋の中の葉の葉脈はマジックで描いてある。
やるぅ!
自分がものすごい冒険をしているような気になった(笑)

c0118394_8474457.jpg

勇気出して中に入ってみると、意外や意外、若いおにーさんが、
カウンターの中から「いらっしゃいませ」と控えめに声をかけてくれた。
よれよれのじじいがやってるんだろうと思ってた。

店の中もそば屋っぽくない、どっかの家のダイニングみたい。
そして、オサレじゃない(笑)
ひとつのテーブルに座ってメニューを見ると手書き。
おおお、すべてにおいて手作り。

そこは手打ちそばなので、試しにもりそばを頼んでみた。
少し待って出てきたそばをいただくと…

んまいーっ!!!!!!なんだこりわ、んまいぞーっ!!!!!!
ひとりだったけど勇気ふりしぼって入って本当によかった…。゚(゚´Д`゚)゚。

しかしだね、このあやしげな店とそばのうまさのミスマッチ。
これも戦略だろうか?(なわけない)

お代金を渡す時に「おいしかったです。また来ます」って言ったら、
おにーさんが「ほんとっすか?」とうれしそうに言った。
はにかみ屋で恥ずかしがりやな様子。

おにーさんが、
「こういう店だし、若い女の人がひとりで入ってくるなんてめったになくて、
 チャレンジャーだと思いました」
と言ってた(「若い」に舞い上がる・笑 )。
ホント勇気いったもん、入るの。
でもどうしても入らなきゃいけないような気持ちが、
いやどうしても入りたい衝動が、あったんだな。

帰って私はソッコーでabuにこのあやしげなそば屋の話をした。
間もなく今度はふたりでこのそば屋に。
abuも大のそば好きなのだ。
私は今度は肉そば、abuはもりの大盛りを。
あああ、あったかいのもうまいじゃないかぁっ。
abuも絶賛。

次はムスメもつれて3人でこのそば屋へ。
今度食べたのは、私が冷たいぶっかけのおろしたぬき温玉そば。
abuはあったかいおろしたぬきそば、ムスメは肉そば。
たぬき(天かす)にはね、青海苔が入ってて、
食べると海苔の香ばしい香りがするんだよぅ。
それがまたおろしとマッチして、かけてあるごまの香りも一緒にしてきて、
本当に本当においしいんだ。
具材までもこんなに凝ってるなんて。
3人しておいしいの連発、私とabuは半ば興奮気味。

このそば屋は本当に危険。
だって、ハマるんだもの、すっごくおいしくて。

abuは植木職人で、そば職人のおにーさんと意気投合、
ふたりはずっと職人談義をしてて、その息の合い具合がおかしくて。
ふたりの職人の仕事への深い思い入れと心意気を見せていただきました、合掌。
abuの知らない一面も垣間見て、またいっそうabuを尊敬したりも。

余談だけど、たれもその地域の食べ方とか嗜好に合わせて、
色々考えて作ってるんだって。
東京の人はもり食べる時、ちょっとしかそばをたれにつけないから、
たれの味が濃いめなんだって。
でも、こっちの人はそばをたれにどっぷりつけるから、
たれの味を薄くしたんだって。
へー、へー、へー、そこまで考えるんだ!?とabuと感動。
abuはひとこと。
「職人だねぇ」(笑)

あんまり感動したので長くなった。

とにかく、ホントおいしいので、みなさんぜひ行ってみて。
店構えとのそばのおいしさのギャップが笑える、個人的に。
これはもうネタの域。
お店がきれいじゃないところはイヤって方はNGだと思うけど、
私は好きだね、こういうミスマッチな店。
かなりそそられます。
そばだけ考えてもこんなにおいしいところって私はあまり知らない。
それぞれ好みってあるし、あくまで個人的にだけど、かなりおすすめだよ。
たぬきのあの海苔の香りがもうらめらぁヽ( ´∀`)ノ.*:.。.:*・゚

c0118394_8304929.jpg

蕎麦処「梶の葉」
千葉県成田市下福田828
0476−24−5955
営業時間 年中無休 
     11〜19時

パソコン苦手なのでHPはないんだって。

国道408号線沿いにあります。
うんと、成田から来ると左側。
あの辺ほとんど田んぼだから、
その中にぽつんとある右側のセブンイレブンを目印に。
そのセブンイレブンの少し手前左側にあるよ。

茨城から来ると逆、成田方面に向かって右側。
左にセブンイレブンを見たらもうすぐ右にこのそば屋が見えます。

ぜひ行ってみてね。

ウチも次はいつ食べに行けるかな。
楽しみ。

**********

追記:この続きの「危険なそば屋 2」もどうぞ(笑)
[PR]
by emiya_xxx | 2008-05-27 09:35 | 知らせたい!

源さん

c0118394_22493040.jpg

私はゆで卵に顔を描く。
生卵と間違えないようにするためだ。
少し前も多めに卵をゆでたので、
残った3つに顔を描いて冷蔵庫にしまっておいた。

ある時、冷蔵庫を開けたら、
ゆで卵の顔がひとつだけヘン顔になってる…!!!
abuの仕業だ。
ぷぷぷーっ、これじゃ源さんって感じだな。
ニッカボッカが似合いそう。
[PR]
by emiya_xxx | 2008-05-02 22:56 | かぞく