emiyaism PHOTO

カテゴリ:かぞく( 14 )

デコポッキー VS デコパイの実

バレンタインデーということで、
今日の本番に備え、昨日はムスメと一緒に手作りチョコを作った。

いやー、しかし、トリュフを作るなんて言い出すもんだから、
料理はもとより、お菓子作りなんて、苦手の苦手、
そんなの作れない(作る気ない)母さんは焦ったんだけど、
流行ってるデコポッキーに落ち着いたので、ひと安心。
しかも、今年の予算は極めて少なかったからね、助かった(笑)

これが、アンナが作ったデコポッキー・abuバージョン。

c0118394_20511868.jpg

「パパラブ」だって。
かわいーーーー(親バカ)

ちなみに、アンナは、デコポッキー・ママバージョンも作ってくれた。
「ママ大好き」って書いてあった (*´∀`).。゚+. エヘヘヘヘヘ…
うれしいもんです。

私は、デコポッキーに対抗し、デコパイの実。
パイの実に溶かしたチョコをとろんとかけて、そこにトッピングという簡単チョコ。
トッピングだけじゃさびしいので、謹んで文字も入れさせていただく(笑)

溶かして残ったチョコには、砕いたクルミを混ぜて、
ラップの上にスプーンでぽったんして、平たくてまぁるいチョコを作ってみた。

低コストでできちゃう割に、みんなすっごくおいしかった。

c0118394_21161980.jpg


abuは私の文字入りパイの実の最初と最後の文字だけ食べて席を立ち、
お皿には「ナ・ブ・ス」という暗号のような謎の文字が残っていた。
[PR]
by emiya_xxx | 2010-02-14 21:21 | かぞく

かぞく

c0118394_21272620.jpg

今日は節分。
我が家も豆まきをした。
そして、みんなで年の数だけ豆を食べた。

左から、78個、43個、40個、11個。

これが私の素敵なかぞく。
[PR]
by emiya_xxx | 2010-02-03 21:25 | かぞく

冬の花

c0118394_0351191.jpg

クリスマスイブ。
我が家は、家族でクリスマスパーティ。
ケーキやケンタのチキン、手作り料理を食べ、
イブの夜を過ごしました。

プレゼント交換では、4人しかいないのに異常に盛り上がり、
みんな、わーだの、ぎゃーだの、言って、おおはしゃぎしました。
それぞれが、それぞれの欲しいものを、毎日の会話や行動の中で探して、
こっそり隠れて準備したりしていたんだよね。

プレゼントは、モノがどうこうではなく、
そのプレゼントを贈りたいのだという気持ちこそがプレゼントなのだと、
abuがムスメに言って聞かせてました。

子供だからプレゼントにお金をかけるなんてことができるはずもなく、
手書きのカードだけしかみんなに渡せないとしょんぼりしていたムスメに、
そのカードは世界に1枚だけの心のこもった何よりのプレゼントなのだから、
どんなに高価なものよりも、もらった方はうれしいのだよ、と、教えてました。

寒い夜、築30年近い古い家に、冬の花が静かに咲いていました。
決して枯れることのない、美しい、美しい、冬の花でした。



最近は慌ただしくてブログの更新もできてないけど、
それでも見にきてくれるみんな、本当にありがとう…!
みんなにもメリークリスマス .。゚+.
[PR]
by emiya_xxx | 2009-12-24 23:59 | かぞく

食後のお楽しみ

c0118394_2138079.jpg

スターバックスのフラペチーノみたいなのを、
氷と濃いコーヒーをミキサーでガーして毎晩作ってくれるabu。
ありがとー。
すごくおいしい。
大きい姫と小さい姫の食後のお楽しみ。
[PR]
by emiya_xxx | 2009-08-14 21:47 | かぞく

嫉妬

c0118394_2314667.jpg

abuの悩みは、食べないとどんどんやせてしまうということ。
高カロリーのものを意識して食べて、初めて体重維持、
低カロリーメニューだと体重も体脂肪も落ちていってしまう。
鍛え上げてきたカラダは基礎代謝が異常に高いらしい。
寝る前に600kcal近くある菓子パンを食べても翌日体重が減ったりするんだから、
これが嫉妬せずにいられるだろうか。

私なんざー、体重を維持するために、
根性の食事制限をしているのに、
その傍らでおやつにお夜食もりもりなのだ。

キミと同じ体質になって同じように食べまくってみたいよ。
ラーメンと一緒にギョーザもチャーハンも食べたい、
唐揚げ食べたい、とんかつ食べたい、
アイスもケーキもおまんじゅうもスナック菓子も食べたい、
ぎゃーっ、食べたーーーーい!!!

abuよ、私は妬んでるんだからね。
自分では食べないキミの高カロリーおやつを買い物かごに入れる時の、
あの複雑な気持ちったら(笑)

夏も近いし、基礎代謝上げるためにも、
またビリー隊長のとこに入隊するかな、
まずは腹筋プログラムあたりから…
[PR]
by emiya_xxx | 2009-07-03 23:56 | かぞく

源さん

c0118394_2255542.jpg

今日はabuの髪を染めた。
髪が明るい色になって眉毛だけ黒いとおかしいので、眉毛も染めた。
待ち時間、abuは源さんって感じだった。
自分で卵に描く顔みたい。
申し訳ないけど爆笑した。
[PR]
by emiya_xxx | 2009-06-19 23:04 | かぞく

イッチョーラ・イタリアーノ

c0118394_2251242.jpg

ムスメが洗濯物をたたむのを手伝ってくれた。
たたみながら彼女が言った。

「あれ?
 このパパのパンツ初めて見るよ」

それはabuのおろしたてピカピカ新品パンツだった。

「それはパパの一張羅(いっちょうら)だよ」

私のその言葉を聞いて、ムスメが言った。

「そうかぁ。
 そういう種類(彼女の中ではブランドのこと)の
 パンツなんだね」

abuがドルガバやアルマーニのパンツをはいているのをムスメは知っていて、
またどこかのブランドのパンツだと思ったらしい。

イッチョーラ…

のけぞりそうなほどおかしかった。
今ここで「違うんだよ」と言ってしまうと、
この楽しい状況が終局を迎えてしまう。
それはあまりにも惜しい、もう少し楽しみたい。
私はそっぽを向きながら笑いをこらえて小刻みに震えた。

それを聞いたいたずらっこabuが言った。

「イタリア製なんだよ」

心の中で突っ込む 『それはメイド・イン・ジャパン、BODY WILDじゃん!』

素直なムスメは真に受ける。

「そっかぁ、パパのパンツはイタリアのなんだ〜」

心の中でさらに突っ込む 『いや、ユニクロもあるよ』

ムスメは感心していた。
外国のもの=なんかカッコイイもの、そんなイメージがあるらしい。

「イッチョーラかぁ、イタリアかぁ」

「そうなの、イッチョーラ・イタリアーノなの」

abuの庭師軍手をたたみながら、もう少しこんな時間を楽しみたい私が言った。
それから、また私とムスメは黙々と洗濯物をたたんだ。



このブログの写真ために、現物のパンツをはいてくれたabu、ありがとう(笑)
[PR]
by emiya_xxx | 2009-06-10 23:02 | かぞく

beautiful holiday

c0118394_201529100.jpg

フィルムを現像してみたら、abuとアンナの写真ばかりで、
自分の写真があまりないのです。
私ももっと撮って〜、家族スナップに写りたい〜 。゚(゚´Д`゚)゚。

でも、楽しかった。
お弁当持って出かけた休日。

気負いなく撮るスナップも楽しくていい。
普段は現像だけするんだけど、このフィルムは珍しくプリントまでした。
記憶を記録という形にして残したかったから。

c0118394_211186.jpg

[PR]
by emiya_xxx | 2009-05-16 20:24 | かぞく

365 days story

c0118394_22524118.jpg

晴れた日も、曇りの日も、雨の日も、穏やかな日も、風がびゅうびゅう吹く日も、
お弁当のおかずがビンボーくさくなってしまう日も、お部屋のお掃除ができない日も、
笑顔いっぱいの日も、涙ほろほろの日も、おへそが曲がった日も、
素直になれない日も、気持ちを言葉にできなくてよそよそしくなってしまう日も、
色々あってうまく生きられない日も、沈んだ顔をしてしまう日も、
人生のどんな日も、どうぞ、よろしくね。
[PR]
by emiya_xxx | 2009-05-05 23:45 | かぞく

カミキリ女

c0118394_20414158.jpg

最近の楽しいことのひとつは、abuの髪を切ること。
少し前から、私はabuの専属カミキリ女になったのだ。
きっかけは、美容室代を節約しよう、みたいなノリだったような(笑)
これが、案外楽しくてハマった。

まともに人の髪を切ったことがない私に切らせたabuの勇気は相当なもの。
ムスメの前髪くらいだからな、切ったことあったのは。
しかも、ひどい仕上がりで、涙ぐまれたことあるから…
ゴメンよ、アンナ (;´Д`)

ゆうべは、abuが買ってくれた新兵器のすきばさみを手に、3回目のカミキリ女。
切ってる間、abuは「頭文字D」のビデオを鑑賞。
私も釘付けになって何度も手が止まる。
藤原豆腐店のハチロク、カチョエエ〜!

仕上がりは、限りなくスナップショットなこの写真。
細かいとこ見なければよしとする(笑)

今夜はこれからabuの髪を染める。
平凡な毎日の中のそんな楽しいこと、ささいだけどうれしいことが、
笑顔と元気をくれたりするんだ。

ちなみに、私の髪は、ええ、もちろん美容室で!
ここのオーナーにはもうかれこれ20年以上アタマをお任せしているのだ。
彼がabuの頭を見て「1000円カットよりマシだから大丈夫だよ」と言った(笑)
[PR]
by emiya_xxx | 2009-04-28 21:47 | かぞく