emiyaism PHOTO

危険なそば屋 2

また行って来たの、前にもこのブログに書いた危険なそば屋「梶の葉」に。
今日は友達と娘と3人。
このブログを読んでくれた友達も興味津々、誘ったら即そば屋行き決定。

メニューを見ていると、おにーさんが声をかけてくれた。

「いつも同じものじゃなくて違うのを食べてみませんか?」

なんと…お店がすいている時間帯だったので、
その場で「ゆずきり」を打ってくれるというのだ。
「ゆずきり」とはそば粉にゆずを合わせて打つそば、
そうそう食べられるもんじゃない。
それを自分たちのためにその場で…なんて贅沢!

カメラ持ち歩きの私は、そばを打っているところを撮らせてほしいとお願いした。
顔出しなしなら…ってことでオッケーをいただく。

c0118394_093319.jpg

職人の技が光る瞬間を撮らせてもらえるなんてうれちい。
abuも撮りたがっていたけど、お先に〜♪

一瞬一瞬が真剣そのもの。
3人でおにーさんのそば打ちに見入る。
目の前で自分たちがこれから食べるそばを打ってもらえるんだよ!
しかも「柚きり」、こんなに贅沢なことはない。

c0118394_013626.jpg


ドキドキして待っている私達の目の前に運ばれてきた打ちたての「ゆずきり」。
もちろんもりで。
薬味を入れないで食べてみてくださいということなので、
そばをそのままのたれにつけて食べる。

食べた瞬間言葉を失った。
おいしい…!
細くてコシのあるそば、ゆずの香りが口の中いっぱいに広がり心地よく鼻に抜ける。
友達と私はふたりしてしばらく呆然として、顔を合わせるとにやりと笑った。
彼女も一瞬で危険なそば屋のトリコになったらしい。
ゆずきりに加えて、ふつうのもりそばも食べたのよ。
おいしいくて私達ふたりで大盛りを3人前をぺろり(爆)

私の中でそばの歴史が変わったね、マジで。
評論家じゃないからうまく書けないけど、
幸せになるよ、ここのそばを食べると。
もちろん、個人の好みもあるだろうけど、私はここのそばが好き。

帰りの車の中でも、私達はいつまでも危険なそば屋の話をしていた。

夜には、仕事から帰ったabuに興奮して今日のレポートを。
じゃあ次のabuの休みにまた一緒に行こうってことになって、
今からワクワク!

車で行ける範囲に住んでる人はぜひ行ってみてね。
人によって好みがあるだろうけど、一度食べる価値はあると思うな。
今口コミでお客さんが結構来てるみたいよ。
そりゃ口コミで広がるわな、そば好きには。
こういう店、こういう店主、こういう味なら。


蕎麦処「梶の葉」
千葉県成田市下福田828
0476−24−5955
営業時間 年中無休 
     11〜19時


すでに禁断症状が出てるので、また食べに行かないと(笑)
ハマってしまって本当に危険だ。

**********

この続き、「危険なそば屋 3」もどうぞ♪
[PR]
by emiya_xxx | 2008-06-21 23:57 | 知らせたい!